【刀剣乱舞】連隊戦で必要な小判数の目安(足りない人向け)

ここでは、連隊戦で必要な小判はどれくらい必要かの目安がわかります。

『注意』:その時々で最高玉数やイベント期間が変わる場合があります。
今回は直近2022年版のものを基準にしています。

『追記』連隊戦(夏)は、2023年度版を追加しました。




スポンサーリンク



連隊戦
このページのTOPに戻る

連隊戦.jpg


最低必要小判
超難を周回。最終日に規定数の玉を集め終える場合。

10万→23,700枚
20万→98,700枚
30万→173,700枚

※入手玉が多い乱があるのと、通行手形効果のある三倍枡が報酬で入手できるため、実際は上記の数字よりも少なくて済みます。


最終日よりも早く集め終えたい場合は、さらに多くの小判が必要。

以下は集め終える日数別の必要小判数を計算したものです。

例えば7日は、7日で10万玉を集め終えたい場合に必要な小判数という意味です。

※全日数の無料分を使用した場合の小判数です。

連隊戦冬の必要小判数2022.jpg

計算詳細↓

(計算方法)
・イベント期間:29日間。
・無料分を全部使うこととする。
(1日6回→6×29=174。ただし最終日は3回だけしか無料がないので 150-3=171回分の小判代が浮く)
・超難で周回した場合。(平均400)
→必要周回数:10万→250周、20万→500周、30万→750周
※乱は平均500なので、実際は上に示した小判数よりも少なくて済む。

10万→250-171=79周分の小判が必要。手形代は1回小判300枚だから、23,700枚。
20万→500-171=329周分の〜。98,700枚。
30万→750-171=579周分の〜。173,700枚。


小判補充画面.jpg


(関連)
【必読】「連隊戦」攻略方法!


連隊戦〜海辺の陣〜
このページのTOPに戻る

連隊戦夏2023.jpg


最低必要小判数(29日で集め終えた場合。無料分毎日全部使った場合)
10万→8,700枚
20万→68,700枚
30万→128,700枚
※千代金丸を編成して、毎回500入手した場合。千代金丸ボーナス(夜光貝*1.5倍)を含めた場合、360×1.5=540→計算しやすくするため500として計上。
特別合戦場があったり、 3倍籠が無料で入手できたりするので、 実際は上に示した小判数よりも少なくて済む。


必要小判.jpg


(超難)
勝利A:18玉
戦闘数:10戦
完走ボーナス:2倍

18×10×2=360


夜光貝集めスケジュール(25日目で集め終える場合)
連隊戦2023年6月スケジュール.jpg


1日目標

10万→1日8周(4,000)
20万→1日16周(8,000)
30万→1日24周(12,000)
※超難全部勝利Aで千代金丸入れた場合。


(関連)
【必読】連隊戦(夏)攻略方法!


posted by 刀剣乱舞攻略まとめ at 00:00 | 連隊戦



スポンサーリンク



スポンサーリンク

●資源4つ.jpg
【鍛刀で枯渇した】資源・札 入手方法!

「高速槍」徹底攻略方法!

スポンサーリンク

「台詞・会話」全キャラ分まとめ!

スポンサーリンク

もくじ打刀「大慶直胤(たいけいなおたね).jpg
新キャラ情報!2024年4月現在

3面 織豊の記憶 徹底攻略!

維新の記憶バナー.PNG
1面 維新の記憶 徹底攻略!

スポンサーリンク