歌仙兼定極セリフまとめ!特と比較

 最終更新  2023年 7月9日

90歌仙兼定極.JPG

歌仙兼定極セリフをまとめました。
特と比較できます。




スポンサーリンク



キャラ名
歌仙兼定
刀帳
僕は歌仙兼定。歴代兼定でも随一と呼ばれる二代目、通称之定の作さ。名前の由来は三十六歌仙から。風流だろう?……まあ、元主が手討ちにした人数が36人だったから、と言うと、みんなどういう顔をしていいかわからなくなるようだけれど
刀帳・極
肥後で雅と風流を学んできた歌仙兼定さ。文系刀剣として、文化の守り人になろうじゃないか
公式特設サイトでの紹介
持ち主だった細川忠興が36人の家臣を手討ちにしたことから、三十六歌仙にちなんで歌仙兼定と呼ばれる打刀。あくまでも、自称文化系。
公式ツイッター本丸通信
『歌仙兼定』名前の由来はなんとも過激…ですが、(自称)文化人である彼は何に対しても風流であることや、雅なものを好む。文系と言っていますが、肉付きの良い体…きっと腕も立つのでしょう…!
ログイン(読み込み中)
風流だねえ。
ログイン(読み込み完了)
刀剣乱舞、はじめようか。
ログイン(ゲームスタート)
今日は何して過ごすんだい?
ドロップ
僕は歌仙兼定。風流を愛する文系名刀さ。どうぞよろしく。
修行から帰って来た・極
どうだい、風流を意識したこの新衣装。雅を感じるだろう?
本丸
僕は文系なのさ。見るからにそうだろう。
計算ごとは苦手でね。
和歌も茶道も目利きも得意さ。文系名乗る以上当然だろう?
本丸・極
他の刀に目移りしてもいいけれどねえ。最後は僕の所に戻って来るんだろう?
計算するくらいなら、力押しでなんとかするさ
僕のいう文系は、文系じゃないって?誰がいってるんだい?おしおきが必要だな
本丸(放置)
何気ない、ふとした瞬間に季節を感じるのが風流というものさ。
本丸(放置)・極
さて……きみが帰ってくるまで、きみに贈る歌でも詠もうか
本丸(負傷時)
…ははっ、主、まさかこのままでいさせるつもりではないだろうね?
本丸(負傷時)・極
僕をこのままでいさせるというのにも、深遠な目的があるのだろう?ねえ?
本丸(負傷時2) 現在削除されて聴けない
…ああ、すまない。歌を考えるのに夢中で気付いていなかった
結成(部隊長)
恐悦至極。
結成(部隊長)・極
ああ。他の者にはわるいが、当然かな
結成(入替)
雅が分かる者と組ませてくれよ?
結成(入替)・極
わかった。僕が皆に雅を広めるとしよう
装備
うん、この光沢……
この装備、実用一辺倒で雅に欠けるね
悪くない武具だ
装備・極
君の見立てだ。文系の名にかけて着こなしてみせよう
わるくない武具だ
うん、この光沢
出陣(マップ選択)
そうだね、文系と言えど僕は之定(のさだ)だからね。
出陣(マップ選択)・極
きみに歯向かう不埒者を、手討ちにすればよいのだろう?
資源発見
おやおや、風流だね。
資源発見・極
おやおや、風流だね
ボス戦前
本陣はここか。雅さの欠片も見当たらないね。
ボス戦前・極
ああ……ここか。不埒者の本陣は
索敵(偵察)
細かいことは言わなくていい、攻め口を教えてくれ。
索敵(偵察)・極
作戦は簡単だ。攻め口より押し入り誅伐(ちゅうばつ)す。文句はなかろう?
戦闘開始
我こそは之定(のさだ)が一振り、歌仙兼定なり!
戦闘開始・極
我こそは之定(のさだ)が一振り、歌仙兼定なり!
演練
文系の意地があるんでね、武辺者には負けられないな
演練・極
軍師とかいう理系には絶対に負けられないな、文系として
攻撃
首を差し出せ。
せめて雅に散れ!
攻撃・極
血を華と咲かせよ!
その首、刎ねて差し上げよう!
会心の一撃
雅を解さぬ罰だ!
会心の一撃・極
我が主に歯向かった罰だ!
軽傷
仕置きが必要だな
無作法者がッ……!
軽傷・極
雑魚のくせに…!
仕置きが必要だな
中傷・重傷
貴様……っ、万死に値するぞ!
中傷・重傷・極
貴様が生きていていい理由は、微塵もなくなったぞ……!
真剣必殺
貴様の罪は重いぞ!
真剣必殺・極
貴様……僕を何だと心得るか!
一騎打ち
戦とあらば、散る最期まで戦い続けるのが刀の本道……
一騎打ち・極
最期の瞬間まで戦う忠義なくして、主の寵愛は得られんよ
二刀開眼
散れっ!
二刀開眼・極
散れ!
誉取得
おや、僕で良かったのかい?
誉取得・極
ふふ。僕でよかったに決まっているだろう
特に上がった
力がなければ、文系であることを押し通せぬ世の中さ。世知辛いね。
任務達成
任務を通じ、日々の移り変わりをしっかり意識するんだよ?
任務達成・極
任務を通じ、日々の移り変わりをしっかり意識するんだよ?
内番開始(馬当番)
……僕の主は何を考えているんだ……
内番開始(馬当番)・極
慣れてしまえば、これもまた、風流か……
内番終了(馬当番)
このことは、絶対に忘れないぞ……
内番終了(馬当番)・極
今までにない着想を得られそうだ。良い経験を得たな
内番開始(畑当番)
僕はね。料理を作るのは得意だが、これは僕の仕事ではないだろう……!
内番開始(畑当番)・極
ああ……そうか。四季の移ろいを感じ取るには、これが最良であったか……
内番終了(畑当番)
まったく、着物が台無しだ……
内番終了(畑当番)・極
戻ったら、また一首歌を詠まねば
内番開始(手合せ)
僕は文系なんでね。お手柔らかに。
内番開始(手合せ)・極
文系の剣術でよければ、お相手するよ
内番終了(手合せ)
すまないね。文系故に、力任せに攻めてしまったよ。
内番終了(手合せ)・極
計算が苦手でね。とにかく攻め立てる剣術になってしまうんだ
遠征開始
ああ、旅先の景色を楽しんでくるよ。
遠征開始・極
旅先から、歌を贈ろうか
遠征帰還
はは、楽しい旅だったよ。
遠征帰還・極
はは、旅先の土産話は聞きたくないかい?
遠征帰還(出迎え)
おやおや、あんなに急いで帰ってこなくてもいいのに。せわしないなぁ。
遠征帰還(出迎え)・極
おやおや、あんなに急いで帰ってこなくてもいいのに。せわしないなぁ
鍛刀
さあ……新たな刀を目利きしようか。
鍛刀・極
さあ。新たな刀を目利きしようか
刀装
武具の拵えは得意でね。
刀装・極
文系の嗜みさ。きみの服も作ってあげようか?
手入(軽傷)
戦支度を解いてくるよ。
手入(軽傷)・極
返り血を流してくる
手入(中傷重傷)
困ったね……思ったより深手だったようだ。
手入(中傷重傷)・極
大人しく、傷を癒すとしよう…
錬結
ああ……心地いいね。
錬結・極
ああ。心地いいね
戦績
おやおや、きみに文が届いていたよ。
戦績・極
まさか、きみ、…それは恋文じゃないだろうね?
万屋
目利きなら任せてくれ。刀剣、甲冑、茶器、食材、何でもござれだ。
万屋・極
あっははは。今日はきみが選んでみるべきだね。失敗を経験しなくては、審美眼は磨かれないよ?
修行見送り
彼にだって、世の風雅(ふうが)を愛でる時間が必要なのだろう?
修行見送り・極
彼がどのような姿になろうと、雅さでは僕が負ける気はしないねえ
修行に出る時
ねえきみ。僕の話を聞いてくれないか
破壊
あぁ……これが彼岸か。詠まねば……筆を……誰か、僕の筆を……
破壊・極
いざとなると、きみへの言葉をまとめられない……僕は、歌人失格だな……
正月
ふむ……新年最初の歌はどうしようかな。
正月・極
文系として、年始めの歌の出来にはこだわりたいじゃないか。悩みどころだね……
おみくじ
おや、おみくじかい
おみくじ・極
おや、おみくじかい
おみくじ(大吉)
大吉。良い兆しかな
おみくじ(大吉)・極
大吉。良い兆しかな
おみくじ(中吉)
中吉。悪くはないさ
おみくじ(中吉)・極
中吉。悪くはないさ
おみくじ(小吉)
小吉。まずまずとしておこう
おみくじ(小吉)・極
小吉。まずまずとしておこう
刀剣乱舞一周年
なるほど。僕らも一周年か。歌の題材にはいいかな。
刀剣乱舞二周年
僕が詠んできた歌もかなり溜まってきたな……そろそろ歌集にするべきかな
刀剣乱舞三周年
僕らも三周年を迎えた。今や、活躍の場は戦いに限ったことではないようだね。これからも、応援よろしく頼むよ
刀剣乱舞四周年
さて、四周年か。今年の歌の題材はどうしようかな……
刀剣乱舞四周年・極
さて、四周年か。今年の歌の題材はどうしようかな。きみも一緒に考えてくれないかい?
刀剣乱舞五周年
刀である僕らが、戦い以外を嗜むことができるようになってはや五周年。これからも、この日々が続くといいね
刀剣乱舞五周年・極
刀である僕らが、戦い以外を嗜むことができるようになってはや五周年。いつまでも、この日々が続くといいね
刀剣乱舞六周年
六周年か……。時の流れとは、実に早いものだね
刀剣乱舞六周年・極
六周年か……。時の流れとは、実に早い。歌を解する刀も次第に増えてくれると嬉しいね
刀剣乱舞七周年
七周年。僕らがこの身を得てからの月日は、それだけ経ったということだね。実に感慨深い
刀剣乱舞七周年・極
七周年。僕らがこの身を得てからの月日は、それだけ経ったということだね。もはや歌を詠む題材にも困らないな
刀剣乱舞八周年
八周年を。こうやって引き続き、戦い以外を嗜むことができるのはありがたいな。これからも色々な景色に出会えることを願うよ
刀剣乱舞八周年・極
八周年か。こうやって引き続き、戦い以外を嗜むことができるのはありがたいな。これからも色々な景色を見て、歌を詠んでいきたいからね
審神者就任一周年
やあ。きみが歩んできた道のりもこれで一年だ。どうだい? 見えるものも違ってきたのではないかな?
審神者就任一周年・極
はじめてこの本丸にやって来た時と、今。そこで見えるものの差こそが大事なのさ
審神者就任二周年
二周年ともなれば、きみも歌を詠めるようになったんじゃないかい?
審神者就任二周年・極
きみにも就任二周年の風格が出てきたね。良いことだ
審神者就任三周年
就任三周年ともなれば、戦い以外のことにも手を出していく余裕ができたかな?
審神者就任三周年・極
就任三周年ともなれば、戦い以外のことにも手を出していく余裕ができたかな?
審神者就任四周年
何事も最初はあるものさ。就任四周年を迎えた今、次の目標はあるかい?
審神者就任四周年・極
何事も最初はあるものさ。就任四周年を迎えた今の気持ち、詠んでみてくれないかい?
審神者就任五周年
就任五周年おめでとう。この記念すべき日を迎えられたことを、嬉しく思うよ
審神者就任五周年・極
就任五周年おめでとう。この記念すべき日を迎え、きみが次の一歩を踏み出せることを願っているよ
審神者就任六周年
さて、就任六周年ともなれば、そろそろ戦い以外にも目を配っていくべきだと思わないかい?
審神者就任六周年・極
さて、就任六周年ともなれば、きみにも色々なものが見えているだろう。それを素直に詠んでみるといい
審神者就任七周年
おめでとう、就任七周年だね。本丸での過ごし方も充実しているといった面持ちだね
審神者就任七周年・極
おめでとう、就任七周年だね。文化というものは日々を充実させるもの。この本丸においてもそれは変わらないさ
審神者就任八周年
やあ、これで就任八周年だね。今年はどう過ごそうとか、ぼんやりとでも考えているかい?
審神者就任八周年・極
やあ、これで就任八周年だね。今年はどう過ごそうかとか、ぼんやりとでも考えることをおすすめするよ。ただ流されるだけではもったいない
審神者長期留守後御迎
おや。ずいぶんと長旅だったね。聞かせておくれよ。旅先であった出来事を
審神者長期留守後御迎・極
ふふふ。きみを待つ間に詠んだ歌がこんなに溜まってしまっていたよ
一口団子
ああ。きみはもてなしの心をよくわかっている
一口団子・極
すばらしい。これこそがもてなしの心だよ
節分鬼退治・突入
鬼の元へゆこうか
節分鬼退治・突入 極
鬼のもとへゆくぞ
節分鬼退治・ボス戦
ここが鬼の本陣か
節分鬼退治・ボス戦 極
鬼の本陣へ攻め入るぞ!
豆まき
鬼は外。福は内 鬼は外。
豆まきの「まめ」には、「魔の目」に投げ、魔を滅する、という語呂合わせの意味もあるね
豆まき・極
鬼は外 福は内 鬼は外
豆まきの豆は炒った豆であることにも意味があるのさ そしてそれを食べることで鬼を退治したことになる
幕の内弁当
悪くない味だね
幕の内弁当・極
有り難く頂こう
御祝重弁当
用意が良いね
御祝重弁当・極
さすが、僕の主。用意周到だね
お花見
風流だ……しかし、目線を下げればどんちゃん騒ぎ。少しは花を見ろと言いたい
お花見・極
一首読みたいが、このまま花にうつつを抜かすのも悪くない
重傷時行軍警告
おやおや。僕らを試しているのかな
重傷時行軍警告・極
僕は文系だけれどね。この判断は計算違いなのではないかい?
連隊戦交代
誅伐を始めよう。ついて来たまえ!
連隊戦交代・極
これより賊を誅伐す。僕に続け
連撃
行こうか、遅れるなよ
連撃・極
行こうか、僕についてきてくれ


乱舞レベル台詞
乱舞レベル 台詞
2 つつきすぎ(通常) さて、そこまでにしておこうか ねえきみ、そこまでして僕に話したいことは何かな?
つつきすぎ(中傷) …………まずは、話の前にすることがあるのではないかな? わかったよ……。僕が怪我を押してまで、聞くべき話が……あるのだろう?聞かせておくれよ
3 鍛刀完了 おや、鍛刀が終わっているようだ おや、鍛刀が終わっているようだ
手入完了 手入が終わったようだねえ 手入が終わったようだね
催し物お知らせ 催し物だそうだよ。雅を感じられるものかな? 催し物だそうだよ。雅を感じられるものかなぁ?
5 景趣設定 そうだねえ、季節感を大事にしたほうがいい どんな本丸になるか、きみの研鑽を楽しみにしようじゃないか
刀装作成失敗 うーん うーん
なに? こんなはずでは 素材が悪い
おかしいな…… 今日は日が悪いようだ
いやいや、成功ばかりでは、面白くないだろう? 失敗作にも、趣を見出すべきだよ
馬装備 さあ、僕に従っておくれよ さぁ、僕に従っておくれよ
お守り装備 ああ、大事にするよ きみの想いを感じるよ
6 出陣決定 ゆこうか ゆくぞ


posted by 刀剣乱舞攻略まとめ at 20:59 | 台詞会話



スポンサーリンク



スポンサーリンク

●資源4つ.jpg
【鍛刀で枯渇した】資源・札 入手方法!

「高速槍」徹底攻略方法!

スポンサーリンク

「台詞・会話」全キャラ分まとめ!

スポンサーリンク

もくじ打刀「大慶直胤(たいけいなおたね).jpg
新キャラ情報!2024年4月現在

3面 織豊の記憶 徹底攻略!

維新の記憶バナー.PNG
1面 維新の記憶 徹底攻略!

スポンサーリンク